いばらきプレミアム商品カタログ「厳選いばらき 100 Story」自慢の品々、集めました

美しき里山が麗しい米を育む

ななかいの里コシヒカリ

限定500セット

城里町の七会地域は、江戸時代に水戸藩へお米を献上していたほど、この地で育つ米の良さは昔から認められていました。
特別栽培農産物認証(いばらきエコ農産物)を取得し、有機質肥料を使用して農薬を減らして栽培。
食味値を重視して米本来の甘みと香りに優れたもののみを
お届けしています。

歴史ある「ななかいの里」のお米

「ななかいの里」のある城里町の旧七会村地区は、茨城県の中西部に位置し、約8割を森林が占める美しい自然が残る中山間地。
八溝山系の南縁部の標高200メートル前後の丘陵地帯で、那珂川の支流藤井川が東西に流れています。  水、土地、気候に恵まれ、古くから良質米の生産地として知られ、江戸時代には水戸藩代々の献上米産地でした。

ななかいの里精算研究部会

ななかいの里コシヒカリ生産研究部会は、消費者に安全・安心な米を提供することを目標に、平成7年に発足。

平成10年には、【茨城県環境保全型農業推進コンクール】において、優秀賞を受賞。平成18年からは、毎年【お米日本一コンテストinしずおか】に、出品しています。

現在"ななかいの里生産研究部会"の部会員は、全員が特別栽培農産物認証(いばらきエコ農産物)を取得し、旧七会村の自然を味方に、基肥、追肥は、100%有機物肥料を使い、いっそう美味しいお米を追求しています。

お米日本一コンテストで最優秀賞を受賞

ななかいの里生産研究部会では、21名全員が里人のプライドをかけて収量よりも食味にこだわった米作りをしています。食味値を葉色の濃さで管理するのが特徴で、田植え後30日前後、同45日前後、穂揃期、成熟期の計4回、部会員全員の圃場をまわり、全員の稲を機械で測定します。
この測定結果に合わせて徹底した水管理を行うことで、収穫時期に葉色が「鮮やかな黄金色」になるように調整しています。

そして全国から集めた自慢の米の「おいしさ」を競う【お米日本一コンテストinしずおか2011】で、ななかいの里生産研究部会員2名のコシヒカリが最優秀賞と優良賞を受賞しました。部会では、販売へ向けて新たな取り組みを考察しながら、今後も「品質の統一、食味値の統一」を目標とした米作りに、部会一丸となって挑戦し続けます。
事業者名
常陸農業協同組合
市町村名
城里町
地区
県北
住所
〒312-0023
茨城県ひたちなか市大平1-20-1
TEL
029-229-3275
FAX
029-229-3280
URL
http://www.ja-hitachi.jp/

品種はコシヒカリ。2011年~2014年の「お米日本一コンテストinしずおか」で、毎年上位入賞しているお米です。

R0062

常温
販売期間
通年
商品内容
3kg×2袋、2kg×1袋
賞味期限
1カ月
産地
茨城県城里町
加工地
-
アレルゲン
なし
事業者名
常陸農業協同組合

Menu